WordPress ギャラリーの為の画像加工

wordpress

 

 

ギャラリーを作ったので、スライドショー的なプラグイン jQuery Colorbox を入れてみた」「WordPress でギャラリーを使う」に続き、WordPress ギャラリー系の3部目、今日は画像加工の説明です。

 

 

ギャラリーに限らず、あまりデカイ画像だと表示までに時間がかかったり、見ている方のスマホダウンロード制限をいたずらに消費してしまったりするので、必要最小限にしておきたい所です。

 

 

フォトショプ等の画像レタッチソフトが使える方は、縦 or 横どちらかの最大値が 800〜1024 くらいのサイズにするのが良いかなぁ〜と秋田は思っています。データ量もそこそこ小さくなるし、多少大きな画面で見てもらっても綺麗な画像が提供出来ます。

 

 

画像レタッチソフトも持っていない、使えないって方は、WordPress の機能を利用して画像サイズを変更しましょう。

 

 

画像をドラッグアンドドロップでアップロードした後、画像それぞれの編集を行います。

画像をクリックして選択し、「右側の画像編集」をクリックします。

スクリーンショット 2013-05-11 12.44.27

「画像の拡大縮小」をクリックし、操作メニューを表示させます。

スクリーンショット 2013-05-11 12.46.55

大きな値の方を「1024」で書き換えます。小さな値の方は、縦横比率を維持したまま、自動的に数値が入力されます。

「伸縮」をクリックします。

スクリーンショット 2013-05-11 12.47.36

画像のサイズが変更されました。

スクリーンショット 2013-05-11 12.51.11

投稿からメディアアップロードし、画像の編集に入ってきましたが、メディアのライブラリから

スクリーンショット 2013-05-11 12.53.26

スクリーンショット 2013-05-11 12.53.53

 

画像の編集に入り、

スクリーンショット 2013-05-11 12.54.32

 

「画像を編集」をクリックし、「画像の拡大縮小」をクリックして伸縮を行う事も出来ます。

スクリーンショット 2013-05-11 12.54.55

複数行う場合はこちらが便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました