電子書籍プロモーション Twitter bot を使ってやってみたらリアルに人がいてビックリ

Amazon

 

スクリーンショット 2013-07-18 17.18.54

 

豊作パブリッシングの書籍プロモーションとして、twitter を使ってみる事にした。

 

これ、一生懸命ツイートするのではなく、bot と呼ばれる自動投稿システムを使って、定期的にツイートするようにしてみた。

 

せっかくなのでアマゾンのアフィリエイトコードを付けてみた。

 

最近の twitter は、真面目にやっている組とbot組とはっきり別れていて、今回の電子書籍のプロモーションは bot 組。フォーローされた場合のフォロー返しも自動で行う設定だ。一度設定してしまえば、後は勝手に bot が運営してくれる。基本的に人間が介在していないはずなので、ある程度の数(千とか万とか)いかないと、人の絶対数が少ないので効果はないんだろうなぁ〜と思っていたのだが、なんと!ツイート内容をクリックしてくれるじゃない。

 

スクリーンショット 2013-07-18 17.08.54

 

アマゾンアフィリエイトを過去1週間で調べると、豊作パブリッシングの書籍が660件、無料本紹介が403件(3連休はツイートしなかった)。1週間で1000件以上送客している。百歩譲って、ツイートのリンクをクリックするまでを相手の bot がやっていたとしよう。しかし、商品が5個売れていて、報酬も出ている。bot で自動ツイートした物をリアルな人が見ていてコンバージョンしている。って事になる。う〜ん・・・みくびっていた。かなりビックリした。

 

少し考えを改め、Twitter での集客方法を今更ながら考えてみようと思う。

 

今は無料の bot を使っている。ある日突然サービスが無くなるリスクもあるので、自分で bot 作って色々と試してみようかと思う今日この頃である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました