Amazonに商品を出している方に朗報!電子書籍(kindle本)の無料キャンペーン

Amazon

 

 

豊作パブリッシングでは、出版させて頂いている書籍を順次無料キャンペーンにいれ、書籍のプロモーションを行っている

 

 

現在無料キャンペーンを行っているのは、「揚羽」「白菜キムチ「頂」」である。双方共 きんどるどうでしょうさんに記事にしていただき、順調にダウンロード数を伸ばしている

 

 

「揚羽」は現在9位、「白菜キムチ「頂」」は、22位。揚羽の作者である舟崎さんの作品は、無料キャンペーンにするとほぼベスト10入りする。舟崎さんは、まだ数少ない kindle 作家と言っても良いだろう。

 


揚羽


頂


 

しかし、市場が小さな電子書籍は、まだ儲からないのも事実である。

 

 

仮に100円の書籍が1000冊売れたとしても、印税として入ってくるのは35,000円。商売にはなかなかならない。現在考えているのは、電子書籍を使ったプロモーション。先日のエントリー「ニュースリリースは効果があるのか?について考えてみる」で書いたように、プロモーションを仕掛けている。なんとなくじわりと反応が出て来ている。ここ、もう少ししたらお伝え出来る。

 

 

この仕掛けをしている中で、面白い事が発生した。Amazonのレコメンドメールに驚いた

 

 

やがちゃんキムチさんは、Amazonでもキムチを売っている。先日出版した「キムチで簡単ダイエット」 も無料キャンペーンしたのだが、この書籍をダウンロードした方に、キムチ(食品の方)のレコメンドメールが入った。もちろんやがちゃんキムチの物だけではなく、他のキムチも案内されていた。本をダウンロードした方にその本に関係した商品をレコメンドしてくれる。って寸法である。

 

 

Amazon利用者であればそんなにビックリする事ではないだろう。

 

 

ちょっと頭をひねると・・・な〜る程。もっと上手い事やれば、無料本をダウンロードしてくれた方に、かなりの精度で自社の商品(Amazonで売っている商品)をアピール出来るって事である。無料本を出す場合もそうだし、どんな無料本が出ているのか?を見て、Amazonへ登録する商品を変えてみるのもあり。かなり有効に働きそうな感じである。

 

 

Amazonに商品を出している方!一緒にテストマーケしてみませんか?是非ともこちらからお声がけ下さいませ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました