SEOに強い WordPress をチューニング 〜 SEO対策(内部施策)

wordpress

さて、昨日書いた「失敗談 WordPressがSEOに強いと過信してた件」の続き。SEOの内部施策とちょびっとだけ外部からのリンクを行っただけで、スモールキーワードとは言え、10サイトの中5サイトが狙ったキーワードで10位以内に入った。自分で言うのもなんだが、たいしたもんだ。野球で言えば5割打者。契約金数十億ですよ。

何がダメだったのか?自分なりに分析をしてみた。1番怪しいのが「秋田の知識はパンダ、ペンギン以前(以下)」だったのでは?って事。詳しい人この後を読んで突っ込みたくなったら突っ込んで下さい。まあ、今の所調子良いので、あまり突っ込まれても辛いだけなので、突っ込むなら是非優しくお願いします。

でもって昨日も紹介させて頂いたが、SEOTOOLS さんの「SEOアクセス解析ツール・バーサス」で徹底調査。1位のサイトと何処が違うのか?何をするべきなのか?それは今スグ俺に出来る事なのか?等、しっかりと分析させて頂きました。感謝。

調査の結果、具体的に行ったチューニングは以下

・ターゲットキーワードを絞る。
 「地域名+業種名」「駅名+業種名」としていたのを「地域名+業種名」だけに絞った。

・上記に合わせてタイトルタグの変更を行った。
 「地域名 業種名 市区町村名 店舗名」とした。

・TOPページ h1 をタイトルと同じにした。

・フッタリンク画像の alt タグを改変した。

・総単語数をこれまでの2倍以上にした。

・meta keyword にターゲットキーワードを入れた。

・ファビコンを設定した。
 あんまり関係ないけど・・・気分的にファビコンが無いのは寂しい。

・プラグイン ALL IN ONE SEO PACK の設定をいじった。
 カテゴリーを noindex にした。
 アーカイブを noindex にした。
 タグを noindex にした。
 重複されてしまうリストページは、インデックスされない方が良いとの事。

・サイドバーから記事へのリンクを増やした。
 内部リンクの充実って奴です。

・TOPページから記事へのリンクを増やした。
 こちらも内部リンクの充実っす。

・関連サイトからのリンク。
 今回のサイトを受注した頃に、この業界のリンク集サイトを来るべき日に備えて作っておいた。そのサイトのコンテンツである用語集から、その用語の参考サイトとしてそれぞれの店へリンクを設定。

上記を内部施策として行った。

その後みるみる検索結果が良くなって来た。ふぅ〜。助かった。

何が効いたかは解らないが、総単語数を2倍にしたのとサイドバー、TOPページからのコンテンツへのリンクが良かったのかな?と思っている。しかし、10位以内に来ないサイトもあるので、もう少し手を入れてみる必要はある。

今回行った対策は、 WordPress でサイトを作る時には SEO 対策としてマストで入れる ALL IN ONE SEO PACK を入れれば済む代物ではなかった。やはり WordPress だって事で過信をしていたのは間違いない。相手も WordPress だった場合、以前の状態までは間違いなく対応しているはず。常にこちらのサイトを相手より優良なコンテンツで良い形にしておかなければならない。しばらくすれば相手も気付いて追随してくるであろう。この次の対応策を考えておく必要はある。

まだまだ出来る事は沢山ありそうだ。

写真

コメント

  1. 資産形成アフィリエイト@夢太郎 より:

    ALL IN ONE SEO PACKの詳しい説明があまりないので
    今回の記事は参考になりました

    応援ポチ完了です

  2. admin より:

    資産形成アフィリエイト@夢太郎 さん
    コメントありがとうございます。
    応援ポチも感謝です!

タイトルとURLをコピーしました