ネットショップとソーシャルのあり方について考える

facebook

 

 

一時は facebook でネットショップなんてのが流行りました。一応、豊作プロジェクトでも軽く手を付けてみたりしたのですが、facebook にカートボタンがある・・・っていうか facebook でお買い物しようなんて思ったりする人がいないのは、最初からなんとなく気付いてはいたのですが・・・すっかり下火になった気がします。facebookカートなる物でウハウハ売れているネットショップがあったら教えて下さい。

 

 

ピークは過ぎたとも言われる facebook ですが、まだまだ住人は沢山おります。秋田も友達を増やすつもりは無かったのですが、今や643人も友達がおります。

 

 

最近真面目に書いているこのブログ。ここ1週間のリファラー(何処から来たか?)を調査してみると20%は facebook (ソーシャル)からのアクセスであります。このブログの人気記事である「ピンチ!iPhone5メールの受信が出来ない?iCloud の連絡先が悪さしてました!」へのアクセスが全体のアクセスの半分を占めていて、その殆どが検索エンジンから。これを差し引いたとすると全体の40%位が facebook からの誘導となります。

 

 

1週間分のリファラー

 

 

 

友達が多い方であれば、もっと多くのアクセスが稼げるはずです。確か・・・5千人まで増やせるはずです。5千人ビッチリ友達がいる方のブログのアクセス数はどのくらいあるんだろう・・・。

 

 

なんだかんだアクセスを稼げるソーシャルをネットショップで利用しない手はないなぁ〜と感じます。

 

 

ではどうやって利用するか?ですが、毎日ブログを書く。なんていうのはかなり至難の業。秋田も真面目に書こう宣言して1週間ちょっと。もうギブアップしちゃいそうなくらいです。しかも休みの日の分も書き溜めなきゃならないし・・・。でも真面目にやれる方にはお勧めです。

 

 

kimuchi_sもっと楽に出来る事はないかな?と考えてみると、リピート性が高い商材が向いていると思うのですが、例えばキムチ。あっ。先日キムチのレシピ本を出版致しました。とっても美味しい「やがちゃんキムチ」さんの秘伝のレシピダイエットにもかなり効くとの事です。ずぼらな方は本を買わずにキムチを買っちゃった方が良いです。はい。

 

 

話しを戻して・・・例えばキムチ。キムチを買って頂いた方は自宅等でキムチを食べる訳ですが、ここで「今日のキムチまいう〜」なんて写真付きでソーシャルに投稿。出来ればネットショップの URL も書いてもらう。URL書くのはなかなかハードル高いかな。であれば「キムチまいう〜」等とした公開グループを作りそこに投稿してもらう。あっ・・・facebook ページでも良いですね。

 

 

秋田の場合上記したように facebook に643人の友達がいて、そのうち100人くらいは投稿を見るかと思います。そのうちの10人くらいはネットショップにアクセスするであろうと思うので、リスティング広告費を考えると500〜1、000円程度の価値となります。その分でプレゼントもしくは次回値引きしてあげる事により、投稿する為の動機付けになります。

 

 

美味しい、投稿、得する。です。

 

 

知人が美味しいよぉ〜って薦めているキムチなので、コンバージョン率も高いのではないか?と思うのです。ん?思い出してみたら初めてやがちゃんキムチを買ったきっかけは、誰かの facebook 投稿だった気がする・・・

 

 

既にやっているよ!って方いましたらその効果の程を教えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました