キャッシュレス・消費者還元事業 よく解っていなかったので自分への還元を調べてみた

ガジェット

最近街中でよく見かける5%還元のPOP。
そもそも得しそうだけど、わかりにくい。知らなくても、後で誰かが何とかしてくれるかなぁ〜なんて。
まあ、それじゃしょうがないので、具体的に秋田が使ってる VISAカードと PayPay が、還元対象なのか?何時どんな形で還元されるのか?を調べてみる事にしました。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?

「キャッシュレス・消費者還元事業」と「キャッシュレス・ポイント還元事業」の2つの言い方もあるけど、どちらも同じ意味。お偉いさんとお偉いさんが「消費者還元事業」だ!「ポイント還元事業」だ!と、喧々諤々した末に仲直りの証として、同じ事業に2つの名前をつけちゃった。みたいな感じなのかな?だから余計わかり難い。

https://cashless.go.jp/
こちらのページに

キャッシュレス・ポイント還元事業
(キャッシュレス・消費者還元事業)
キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策としてキャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

と書いてある。消費税上げたから、ちょっとだけ減税するので許してね。という感じですかね。

具体的には、対象店舗で

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード 等

を使って代金を支払うと、ポイント還元が受けられる制度なのです。

で、ちょっと細かくて「原則購買額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小売店舗では2%を還元」。ですのでコンビニ系は2%の還元って解釈。

対象店舗には、目印となるPOPが配布されています。これ、めっちゃ配布されてます。秋田の会社も5%還元対象事業者ですが、ほらこんなに。

申し訳ないけど我が社はネットショップで少しだけ商品売っている身なので、こんなに要らなかったのですけど・・・

対象の期間は2019年10月〜2020年6月まで。きっと末日までなのでしょうね。

大まかに要約すると

10月1日から、対象店舗で現金を使わずに買い物すると5%得する。

細かい内容はさておき、こんな所です。

どこで使えるの?

https://map.cashless.go.jp/search ここから調べることが出来ます。
地図から調べられるので、自分がいる場所を起点にして対象店舗を探せます。使える決済方法も書いてあります。

我が社もこんな風に出てきますよ。

まあ、あの派手なPOPがありますから、街を歩いていればすぐに解ります。こないだ中野新橋にある「居酒屋わかば亭」行ったら、還元事業者になっていました。支払いは PayPay。6千円使ったから300円還元されます。嬉しい。

どのキャッシュレスが対象?

冒頭にも書いたけど、秋田が使っているのは VISAカードとPayPay。さて、対象になっているか?早速調べてみます。

クレジットカード/ デビットカード

クレジットカードは、全てがそもそも還元の対象なのか?と勘違いしていました。

秋田のVISAカードを発行しているのは「三井住友カード株式会社」。早速検索。

対象になっていました〜。一安心。

「詳細を確認」があるので、確認をしてみます。確認のページに入るとあれ?「制度対象外カード一覧」ってリンクがあります。リンクを辿ると制度対象外カードが記載されています。

制度対象外カード一覧|クレジットカードの三井住友VISAカード
インターネットサービスVpass(ブイパス)。クレジットカード情報の照会・各種お申し込みの受付が24時間いつでもOK。あなたのクレジットカードライフをサポート!

カード発行会社としては対象となっているのですが、その中でも対象にならないカードの種類がありました。

5%還元されると思っていたら、還元されなかった・・・なんて事があるのでしっかり調べてください。

電子マネー / QRコード その他サービス

こちらは

2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

ここから探します。

早速 PayPay を調べてみたら・・・

あるじゃないですか〜。良かった。こちらも一安心。

いつどうやって還元されるの?

秋田の使っているキャッシュレス決済が、還元対象である事は解った。

では、具体的にどの時期に還元されるの?が気になる。もらえるものは何だって欲しいですからね。

クレジットカード/ デビットカード

さっきの検索ページから入る「詳細を確認」から確認。

キャッシュレス・消費者還元制度のご案内|クレジットカードの三井住友VISAカード
キャッシュレス・消費者還元制度のご案内のご案内。クレジットカード情報の照会・各種お申し込みの受付が24時間いつでもOK。あなたのクレジットカードライフをサポート!

ページ中程に書いてあります。

三井住友カードの場合

クレジットカード 請求額から減算
デビットカード 口座に付与
プリペイドカード 残高に加算

となっている。

使った後、銀行引き落とし時に値引きされて還元って事ですね。了解しました〜!

これは「三井住友カード」の場合なので、他の方はそれぞれカード発行会社のページで確認してください。

電子マネー / QRコード その他サービス

こちらもさっきの検索結果から調査できます。

PayPay のポイント還元の詳細を確認するクリック

一般のお客様向け|キャッシュレス・消費者還元事業 - PayPay
PayPay決済なら利用特典に加えて最大5%戻ってくる!キャッシュレス・消費者還元事業

こちらに遷移しますので、よく読んでみます。

PayPayボーナスと同時に原則として決済翌月の20日前後に付与されると書いてあります。PayPay残高に付与ですね。ポイント還元だ。了解〜!

それぞれの決済に対してみる事ができるようです。アプリトップの取引履歴から、それぞれの取引に入ると見られる事になっているのですが、現在秋田の取引では見られない物の方が多い。10月2日に使ったイシバシ楽器だけ確認可能。しばらくしたら見られるようになるのか?現時点では不明。

とりあえず1つの取引は還元されるのを確認したので一安心。

職業柄、現在反映されていないデータを人間が手作業で入れている。なんて姿を想像してしまっています。本当にそうなら頑張ってください〜とエールを送ります。

対象店舗になるためには?

ここはおまけ。

加盟店の募集は2020年4月までに申請した事業者が対象になるようです。他で5%還元されるのにこっちでは還元されないなんて、ちょっと不利ですからね。

まとめ

制度としてはありがたいのだけど、とにかくわかりにくい。

まあいろんな事業者が入り乱れているから仕方ないのかもしれないけど。もう少し整理してから初めても良かったのかな?なんて思ったりする。

秋田が思うには・・・消費税還元と言いつつも、脱税している人をあぶり出すシステムなのでは?と。現金商売している所でサービスを売っている所は、現金をポケットに入れちゃえば簡単に脱税出来ちゃうからね。キャッシュレス決済だとポケットいれられない。

秋田が税務署員とか国税の人だったら、この還元事業に申し込んでいないけど適当な売り上げと適当な利益を出している事業者で、現金商売、サービス提供事業をしている所を狙うからね。

消費税還元。という名目にしたかったから慌てて事業開始したのかもしれないかな。まあ、脱税しているのがいけないのでちょうど良いタイミングなのかもしれない。

という事で

  • 秋田の使っているVISAカードとPayPayは還元される
  • VISAは引き落としの時に還元分引いた金額が落とされる
  • PayPayはPayPay残高として、決済翌月の20日頃に付与される

という事がわかりました。

サンキュ〜!

動画にもしました

動画もみてくださいねぇ〜

歌で覚える「キャッシュレス・ポイント還元事業」あいみょんのマリーゴールドのサビで歌ってみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました